ソーシャルネットワーキングサービス アップル、Beboで「iTunes」の楽曲を販売


Beboといえば、中高生、大学生ら若者に人気のあるSNSですが、そこでAppleが「iTunes Store」の楽曲を提供することを発表するそうです。最初のうちは英国とアイルランドのユーザー880万人が対象ですが、Beboの全ユーザーが利用できるようになるかもしれないということです。Beboでプロフィールを公開している約50万のバンドやアーティストが自分のページにiTunesのウィジェットを組み込み、楽曲を販売できるようになるそうです。音楽好きには朗報かもしれませんね。という。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。