ソーシャルネットワーキングサービス SNSのBeboが著作権保護技術を導入しました


 若い世代に人気のあるSNSの米Beboはこのほど、著作権で保護されたコンテンツを認識し、著作権が侵害されている場合にはBeboサイトから削除する技術を取り入れました。米Audible Magicのコンテンツ認識技術の採用したもので、この技術により、 Bebo上で活動するアーティストや50万組に上るバンドが、自作の楽曲を管理できるようにするということです。確かに著作権の問題は大きなものがありますから、欧した技術革新により、作品が守られるようにすることはよいことだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。