ソーシャルネットワーキングサービス Facebook専用アプリ開発ベンチャー用のファンドが現れました


 ITmediaニュースによりますと、Facebook向けにアプリケーションを開発するベンチャーを対象とした、ベンチャー支援プログラム「AppFactory」が誕生するそうです。シリコンバレーのベンチャーキャピタル米Bay Partnersが発表したもので、AppFactoryでのベンチャー支援を通じ、Facebook用のキラーアプリケーションをいち早く発見する狙いだそうです。資金のほか、技術や経営面でのリソース提供も行うそうですが、こんなものが出てくるとMySpaceもうかうかしておれませんね。SNS戦争がすでに勃発しているということでしょうか。面白くなってきましたね。日本ではmixiも元気ですし、米国に進出するようですから、何だか見ものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。