Googleが「OpenSocial」の取り組みで複数のソーシャルネットワークにアクセスできる初めての共通API



ユーチューブ(YouTube)動画
英語がわからない人は見ないほうがいいかも。

Googleは、複数のウェブサイト向けに同時にソーシャルアプリケーションを構築できる新しい取り組みを発表したそうです。「OpenSocial」と言われるのがそれです。この取り組みは「複数のソーシャルネットワークにアクセスできる初めての共通API」ということですが、これってひょっとしてFacebookへの対抗手段ですかね。

Facebookはアプリケーション開発のためのプラットフォームを開発者向けに同社のプラットフォームを公開し、それ以来有益無益を問わず、さまざまな種類のアプリケーションが開発されています。しかし、これは「OpenSocial」には対応していません。独占的広告と投資に関してMicrosoftと提携を結び、GoogleよりもMicrosoftを選んだといわれていますが、これも「OpenSocial」に対応していないことの表れでしょう。

これに対して、Google、Yahooはこれまで、オープンなプラットフォームを積極的に推進していまして、「OpenSocial」の方向に動いてきました。現に、Googleのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)であるOrkutやLinkedIn、hi5、iLike、Slide、Ning、Friendster、PlaxoなどはOpenSocialに対応しています。

考え方によっては、これまでGoogleはFacebookとの提携を目指してMicrosoftと競ってきたのが、FacebookがMicrosoftを選んだことから、戦略を変えてFacebookと対抗し、「OpenSocial」の方向を取ることで、Facebookを包囲する戦略を打ち出したともみることができます。

ただそうなると、「OpenSocial」への参加をFacebook、MySpaceにも呼び掛けたのかどうか、呼び掛けたとすればなぜこれらの企業が参加しなかったのかという疑問が残ることになります。いずれにせよ、OpenSocialの取り組みは、対Facebookという視点から、今後の展開が注目されるところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。